トップページ > オフィシャルブログ > ビデオテープの表面がこのようになっていたら…
オフィシャルブログ
ビデオテープの表面がこのようになっていたら…
  2021年11月4日

 

VHSやVHS-Cなどのビデオカセットの透明窓から見てテープに白や薄茶色の点が付着していたり、粉をふいたようになっていたらカビが発生していると考えて間違いありません(樹脂の劣化の可能性もあります)。

 

ただしあくまでテープの縁に発生しているだけで表面に侵食がなければ、カビ取りすればノイズがあるにせよ概ね再生できるかもしれません。

 

しかし写真のように、テープの表面にシミが広がったような模様になっている場合、きれいな状態で映像を救出するのは極めて困難です。

 

カビは磁気情報を記録する磁性体をテープに定着させているバインダー(樹脂)を餌にしていると思われ、信号の状態にモロに悪影響を及ぼします。

 

また磁性体やカビの成分が再生ヘッドに詰まってしまう可能性が高く、映像を出すだけでもかなりハードルが高い場合が多いです。

 

とはいえ、内容が分かる程度であれば再生できる可能性もゼロではないですので、諦めずご相談ください。

 

Y・R

月別アーカイブ
自動お見積もり
初めての方へ
通常 ご注文はこちら
超特急 ご注文はこちら
国内プレスは別途見積
主なサービス一覧 その他のサービス 企業情報 オフィシャルブログ
更新日 2021.11.29
大切な思い出を未来へ!DVDダビング
国産ディスク生産終了でお困りの方におすすめ!「T-GOD」
こだわりのDVDデジトレイ
画質サンプル
今までよりコストダウンできます!
DVD-RにCSS等付加してプレスできます!
DVDプレス注文の流れ
WEB/フラッシュメディア用動画・ファイル変換
当社のダイレクトメール
日本ビデオサービス楽天市場店 日本ビデオサービスヤフーストア 日本ビデオサービスディスクズ スマホ動画からDVDへ LINEスタンプ発売中
TOPブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要
ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ

CLEAR

▲TOPに戻る▲TOP