トップページ > オフィシャルブログ > テレビで表示される映像の範囲について
オフィシャルブログ
テレビで表示される映像の範囲について
  2015年01月22日

作ったDVDの映像はテレビで100%表示されるわけではなく、表示範囲はテレビによって異なります。そのため通常制作者はセーフティーエリア(テレビフレーム)を考慮してテロップを上下左右80~90%ぐらい内側に入れるように映像を作ります。そこでお客様から「最近のテレビは何%ぐらいまで表示されるのでしょうか?」とよく聞かれます。

テレビとの接続方法(HDMIかアナログかにもよりますが)最近のテレビは100%で表示されるものが多くなってきています。ただし、すべての環境で再生する事を考慮すると16:9の場合で90%より内側にテロップを入れた方が無難かと思います。

特に映像を作り慣れていない方はこのルールを知らずに100%ぎりぎりにテロップを入れる傾向があるため、制作の際は十分に注意が必要です。

 

N.A

 

月別アーカイブ
自動お見積もり
初めての方へ
通常 ご注文はこちら
超特急 ご注文はこちら
国内プレスは別途見積
主なサービス一覧 その他のサービス 企業情報 オフィシャルブログ
更新日 2020.10.20
大切な思い出を未来へ!DVDダビング
国産ディスク生産終了でお困りの方におすすめ!「T-GOD」
こだわりのDVDデジトレイ
画質サンプル
今までよりコストダウンできます!
DVD-RにCSS等付加してプレスできます!
DVDプレス注文の流れ
WEB/フラッシュメディア用動画・ファイル変換
当社のダイレクトメール
日本ビデオサービス楽天市場店 日本ビデオサービスヤフーストア 日本ビデオサービスディスクズ スマホ動画からDVDへ LINEスタンプ発売中
TOPブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要
ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ