トップページ > オフィシャルブログ > DVD制作時のクロップについて
オフィシャルブログ
DVD制作時のクロップについて
  2022年04月20日

HDサイズからDVDサイズに落とす際に、そのままリサイズをかけると、左右に8ピクセルずつ黒が入ります。そのため、通常は上下12ピクセルをカットしてから、エンコードをかけます。エンコード前に、テロップがぎりぎりに配置されていないかを確認します。このタイミングでテロップがぎりぎりの場合は、お客様に連絡してどうするか確認を取ります。テロップを修正する場合もあれば、そのまま左右に8ピクセルずつ黒を入れて進行する場合もあります。近年100%に近い状態でテロップを入れるかたも増えてきているため、DVDにする際には注意が必要です。ちなみに、線をアナログで繋ぐ場合とHDMIで繋ぐ場合でも機種によっては、見え方が若干変わります。最近はほとんどHDMIかと思うので100%表示になり、まず問題ないかとは思います。


NA

月別アーカイブ
自動お見積もり
初めての方へ
通常 ご注文はこちら
超特急 ご注文はこちら
国内プレスは別途見積
主なサービス一覧 その他のサービス 企業情報 オフィシャルブログ
更新日 2022.05.13
大切な思い出を未来へ!DVDダビング
国産ディスク生産終了でお困りの方におすすめ!「T-GOD」
こだわりのDVDデジトレイ
画質サンプル
今までよりコストダウンできます!
DVD-RにCSS等付加してプレスできます!
DVDプレス注文の流れ
WEB/フラッシュメディア用動画・ファイル変換
当社のダイレクトメール
日本ビデオサービス楽天市場店 日本ビデオサービスヤフーストア 日本ビデオサービスディスクズ スマホ動画からDVDへ LINEスタンプ発売中
TOPブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要
ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ

CLEAR

▲TOPに戻る▲TOP