トップページ > オフィシャルブログ > ヒスノイズもまた良し。
オフィシャルブログ
ヒスノイズもまた良し。
  2021年03月18日

一般に最も知られる戦前ブルースマンの一人であるロバート・ジョンソンの最新のリマスターは、以前のCDに比べて高域のノイズが多いですが、楽器や歌が80年以上前の音源とは思えないほどリアルに響きます。

 

一昔前はアナログテープのヒスノイズなどは毛嫌いされていた感がありますが、LPやカセットテープの再評価の気運も関係するのか、ノイズに対する考え方・感じ方もプロも含めて変わってきているのかもしれません。

 

当社ではカセットテープからオーディオCDやMP3などに変換するサービスを行っていますが、吹奏楽やオーケストラなど、ホールのような良い環境で録音された「カセットテープの音はこもっている」という先入観を払拭するような素晴らしい高域の伸びのある音に出会うことがあります。

 

EQやプラグインでヒスノイズを軽減することは可能ですが、やはり音楽的な響きまで損なわれてしまうことが多々あります。なので極力音質はいじらないほうが良いのかな、と最近考えています。

 

Y・R

月別アーカイブ
自動お見積もり
初めての方へ
通常 ご注文はこちら
超特急 ご注文はこちら
国内プレスは別途見積
主なサービス一覧 その他のサービス 企業情報 オフィシャルブログ
更新日 2021.10.21
大切な思い出を未来へ!DVDダビング
国産ディスク生産終了でお困りの方におすすめ!「T-GOD」
こだわりのDVDデジトレイ
画質サンプル
今までよりコストダウンできます!
DVD-RにCSS等付加してプレスできます!
DVDプレス注文の流れ
WEB/フラッシュメディア用動画・ファイル変換
当社のダイレクトメール
日本ビデオサービス楽天市場店 日本ビデオサービスヤフーストア 日本ビデオサービスディスクズ スマホ動画からDVDへ LINEスタンプ発売中
TOPブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要
ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ

CLEAR

▲TOPに戻る▲TOP