トップページ > オフィシャルブログ > VTSを分ける必要がでてくる場合パターン2
オフィシャルブログ
VTSを分ける必要がでてくる場合パターン2
  2021年01月14日

VTSを分ける必要がでてくるパターンで2つ目は、使用する音声の同一ストリーム上のビットレートやチャンネル数が違う場合です。例えば動画1の音声ストリーム1がac3の192k、動画2の音声ストリーム1がac3の256kという場合、またはLPCMで登録されている場合。他にも片方がステレオで片方が5.1chと言う場合も考えられます。パターン3に関しては次回ご説明します。

N.A

月別アーカイブ
自動お見積もり
初めての方へ
通常 ご注文はこちら
超特急 ご注文はこちら
国内プレスは別途見積
主なサービス一覧 その他のサービス 企業情報 オフィシャルブログ
更新日 2021.04.14
大切な思い出を未来へ!DVDダビング
国産ディスク生産終了でお困りの方におすすめ!「T-GOD」
こだわりのDVDデジトレイ
画質サンプル
今までよりコストダウンできます!
DVD-RにCSS等付加してプレスできます!
DVDプレス注文の流れ
WEB/フラッシュメディア用動画・ファイル変換
当社のダイレクトメール
日本ビデオサービス楽天市場店 日本ビデオサービスヤフーストア 日本ビデオサービスディスクズ スマホ動画からDVDへ LINEスタンプ発売中
TOPブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要
ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ