オフィシャルブログ
W-VHS
  2020年08月12日

W-VHSは、1993年にビクターから発表された、民生用アナログビデオの規格です。将来のハイビジョン放送の普及を想定しており、HD記録が可能です。ただ、ハイビジョン対応機器が当時はまだ高額だったため民生用というよりも、放送・制作プロダクション・または医療関係者など、業務用途で使われることのほうが多かったようです。

 

またアナログハイビジョン規格のため、有効水平走査線数が1032本で、現在一般的なデジタルハイビジョンと異なります(デジタルハイビジョン放送は1080本)。

 

カセットの形状はVHSと同サイズですが切込みが異なるため、通常のVHSのデッキには入りません。テープは塗布型のメタルテープで高画質化が図られています。

 

当社ではDVDへのダビング、またはハイビジョン画質を生かしてBDへのダビング、MOVやAVI、MP4へのファイル変換も可能です。お気軽にご相談ください

 

Y・R

月別アーカイブ
自動お見積もり
初めての方へ
通常 ご注文はこちら
超特急 ご注文はこちら
国内プレスは別途見積
主なサービス一覧 その他のサービス 企業情報 オフィシャルブログ
更新日 2020.09.24
大切な思い出を未来へ!DVDダビング
国産ディスク生産終了でお困りの方におすすめ!「T-GOD」
こだわりのDVDデジトレイ
画質サンプル
今までよりコストダウンできます!
DVD-RにCSS等付加してプレスできます!
DVDプレス注文の流れ
WEB/フラッシュメディア用動画・ファイル変換
当社のダイレクトメール
日本ビデオサービス楽天市場店 日本ビデオサービスヤフーストア 日本ビデオサービスディスクズ スマホ動画からDVDへ LINEスタンプ発売中
TOPブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要
ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ