トップページ > オフィシャルブログ > ヨーロッパの映画フィルムは「25コマ/秒」?
オフィシャルブログ
ヨーロッパの映画フィルムは「25コマ/秒」?
  2019年11月26日

一般に映画のフィルムは1秒間に24コマですが、先日クリス・マルケル(フランスの映画監督)の『サン・ソレイユ』を観ていたら「1秒間に25コマの・・・」というフレーズが何度も出てきました。以前ドイツのファスビンダー監督の映画でやはり「1秒間25コマ」というナレーションの字幕が出てきて気になっていたのですが、どうもヨーロッパでは実際に25コマで映画が制作されることがあるそうです。あくまで主流は24コマですが。

 

ヨーロッパの放送方式はほとんどPALもしくはSECAMで、1秒間に25コマです。あちらのテレビ制作プロダクションなどが映画制作する際に、テレビ放送を前提として25コマで撮影することがあり、劇場の映写機もそれに対応して24/25コマどちらにも切り替えられるようです。

 

ファスビンダーはテレビ放送用の作品も多い人だったので、25コマで撮ることも多かったのかもしれません。ドキュメンタリーというかエッセイ的な映画作家といった感じのマルケルもそうかもしれませんが、映画館で大規模興行の見込めないタイプの映画だとテレビ放送(のちにはVHSなどのソフト)も重要な収入源だったと思います。

 

Y・R

月別アーカイブ
自動お見積もり
初めての方へ
通常 ご注文はこちら
超特急 ご注文はこちら
国内プレスは別途見積
主なサービス一覧 その他のサービス 企業情報 オフィシャルブログ
更新日 2019.12.10
大切な思い出を未来へ!DVDダビング
国産ディスク生産終了でお困りの方におすすめ!「T-GOD」
こだわりのDVDデジトレイ
画質サンプル
今までよりコストダウンできます!
DVD-RにCSS等付加してプレスできます!
DVDプレス注文の流れ
WEB/フラッシュメディア用動画・ファイル変換
当社のダイレクトメール
日本ビデオサービス楽天市場店 日本ビデオサービスヤフーストア 日本ビデオサービスディスクズ スマホ動画からDVDへ LINEスタンプ発売中
TOPブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要
ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ