トップページ > オフィシャルブログ > プレス発注の際、コピーガードでお困りの方へ②
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
プレス発注の際、コピーガードでお困りの方へ②
  2014年04月25日

コピーガードを入れたいものの、そもそもコピーガードの効果とはどのようなものなのか?

こんな疑問はありませんでしょうか?

 

DVDビデオのコピーガードにはデジタルコピーガード、アナログコピーガードの2種類があります。

デジタルコピーガードはCSSと言われ、PCなどでの通常コピーを防止します。一般的にCSSはよく使われます。アナログのコピーガードはAPS(もしくはACP)と言われDVDデッキからのアナログ出力(黄色の線)に対してコピーガードをかける事ができます。例えば、DVDデッキから他のDVDレコーダーへのダビングを防止する事ができます。

アナログコピーガードを入れる場合はロヴィ社、もしくは代理店の当社との契約が必要になります。こちらはプレス枚数に対して1枚あたり数十円(枚数に応じて金額が変わります)と言う金額がかかります。必要ない場合に間違えてアナログコピーガードの設定を入れてしまうと、思わぬ契約料が発生する事にもなります。

 

実際にコピーガードを入れるソフトをお持ちでも、設定項目などの不安がある場合は、プロに任せて確実なものを納品した方が安心ですよね。

 

ぜひこちらのサービスをご利用ください。

http://www.videon.co.jp/about_dvd/css_copy_protect/

 

N.A

 

 

⇒DVDプレスなら日本ビデオサービス・ディスクズ

 

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ