トップページ > オフィシャルブログ > ブルーレイのフレームレートについて
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
ブルーレイのフレームレートについて
  2014年08月8日

BD作成時のフレームレートについて迷ったり疑問に思うことはありませんか?1920×1080の解像度の場合フレームレートは29.97i、25i、24P、23,976Pのどれかになります。そのため、撮影する段階でどのフレームレートで行うかを考えておく必要があります。

下記がフレームレートによるプレイヤーの再生可否です。

 

29.97i (NTSCのプレイヤーでのみ再生可)

25i (PALのプレイヤーでのみ再生可)

24P、23.976P (NTSC、PALのプレイヤーどちらでも再生可)

 

29.97iと24Pなどの素材が混在する場合はプレイオールなどの再生ではフレームレートをどちらかに合わせておく必要があるため、フレームレートの変換が必要になります。25iはPAL規格になるため、書き出し時に間違えて選んでしまうと国内のBDプレイヤーでは再生できなくなります。

このようなトラブルを避けるため、ご不明な点はぜひご相談ください。

 

ブルーレイオーサリングサービス

 

 N.A

 

 

⇒DVDプレスなら日本ビデオサービス・ディスクズ

 

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ