トップページ > アッセンブル(仕上げ) > 印刷方式の違いと料金、使い分け方
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
印刷方式の違いと料金、使い分け方

ジャケット類の紙への印刷は、当社では、

  1. カラー<レーザー>プリンターの印刷、  →少量、特急印刷
  2. <格安>オフセット印刷、 →ハーフメイド、ともかく安い印刷
  3. <標準>オフセット印刷、 →オーダーメイド、丁寧に制作します

の3つの方法と料金表の設定をご用意しております。

レーザープリンターは、その場で1枚から印刷することができます。オフセット印刷は、外部の印刷所へ発注しますので、数日から、通常1週間はかかります。
料金的なことで、たとえば、500枚のDVDトールケースの片面フルカラーで比較してみますと、

  1. <レーザー>プリント、@53円×500枚=26,500円 税込み
  2. <格安>オフセット印刷、10,180円(@21円)税込み
  3. <標準>オフセット印刷、59,970円(@120円)税込み

値段的に言えば、<格安>がいちばん安くて、1枚約21円、次が、<レーザー>で、その約2倍の、53円、一番高いのが、<標準オフセット>で、その約3倍の、120円、ということになります。
特にご注意いただきたいのが、<格安オフセット>で、これだけ安い印刷ですので、融通が利きません。あらかじめ印刷の確認(校正)もできませんし、いったん印刷してからの、微調整もできません。サンプルでレーザープリントしたものと色を合わせることもできません。想定した仕上がりでない場合は、データを修正していただいて再度印刷するか、<標準オフセット>で、色修正のご指定をしてください。やり直しに要する費用は、すべて、お客様ご負担となりますので、 あらかじめ十分ご承知置きください。 →当社の扱う印刷について


印刷料金表の記号について「C」は、colorの「C」で、1Cは1色、4Cは4色を意味します。「K」は、blackの「K」で、黒のことです。「4C/K」というのは、表が4色フルカラー、裏面が、黒1色の印刷、ということになります。「4C/O」は、表が4色、裏面が印刷なし、つまり片面印刷ということになります。


お客様の声
人のイラスト

イベントが急に決まり、短納期でDVD500枚を作らなければならず、どこに問い合わせしても納期が間に合わず困っていたところ、こちらの超特急サービスを見つけました!
おかげで、納品に間に合わすことができ、大変助かりました。
東京都/芸能事務所

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

製品の付属品として、製品使用説明DVDを作るにあたり経験が無く、大変困っていたところ、こちらのHPを見つけました!
お問い合わせから相談したところ、とても親身に話を聞いていただき、満足のいく結果を得られました。
オーサリングからお願いしたのですが、オーサリングという言葉自体はじめて知りました。
専門用語も丁寧に説明してもらい、安心して頼むことができました。 また機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。
東京都/スポーツ用品会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

海外プレスを依頼したところ、ほんとうに満足のいくCDを作ってくれました。
ジャケットは現物支給して、完成品の状態で納品してもらいました。
納期も希望どおりで、クライアントにも喜んでいただけました。
広島県/イベント会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

専門用語も分からず、困っていましたが、思い切って電話相談してよかったです。
自信作を作ることができました。ありがとうございます。
愛知県/大学

ご利用頂いたサービス
何か分からないことがありましたら、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
お電話・メールでのお問い合わせはこちら 日本ビデオサービス 075-821-1802 日本ビデオサービスディスクズ 03-5960-0052
お問い合わせ

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ