トップページ > 企業情報 > 日本ビデオサービスの歴史館
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
日本ビデオサービスの歴史館

当社は今までいろいろな試みをしてきましたが、さらに、当社の創業時の記録を始めとして、当社として何らかの期を画する、「記念碑的」、「遺物的」ないくつかの資料をご紹介します。


創業年初めての折り込み広告のチラシ

1:創業年の初めての折込広告のチラシ(1979年/PDF)

この中に出てくる、「ビデオ読本」というのは、現在の「ビデオサロン」の前身の雑誌で、当時は、不定期刊で、多分、季刊(年4回刊)的な発行だったように思いますが、確かではありません。
当時の編集長の高橋さんに連絡を取って、記事の引用の承諾をいただき、チラシもお送りして、「もう少しデッキの機能的なことを多く書いたほうがよかったんじゃないでしょうか」などというご意見をお伺いしたことを記憶しています。


チラシ2回目

2:チラシ2回目(1980年/PDF)

創業の次の年の春、チラシの2回目を作成・配布しました。
このときは、創業者永田が、高校・大学と、新聞部にいたことから、新聞形式をとりました。
ビデオの普及がまだ十分でなく、販売もスムーズに行かず、一般の家電製品の広告も含まれています。


お母さんコーラス全国大会

3:お母さんコーラス全国大会、撮影ビデオ販売案内(1980年/PDF)

同じ年、たまたま、京都でお母さんコーラスの全国大会が開かれることになり、その情報を開催場所の京都会館の催し物案内によって知り、主催者から、撮影とビデオの販売の承諾を得て、準備にかかりましたが、当時は、まだ、ビデオデッキの普及が一般的でなかったため、デッキの販売もしないわけにはいかないと思い、使用していた業務用カメラの松下の特機事業部と、全国設置の交渉をしました。
分割払いのクレジットのほうは、富士フイルムのテープの仕入先樫村の紹介で、セントラルファイナンスと話がまとまりました。
デッキは、松下の特機ルートの型番であったため(松下は、同じ商品でも、外観を市販品のシルバーを黒にしたり、型番を変えたり、何らかの変更をしていました)もあったのか、正規メーカールート価格であったためか、結局1台も販売できませんでした。
しかし、テープは、数百本販売できたと記憶しています。
特に、上位入賞チームからは、数十本単位で注文が来ました。


外国のビデオテープを見られるようにします。

4:85年ころの方式変換料金表(PDF)

局用の方式変換機が、当時で1000万(2000万?)程度していて、カタログの取り寄せなどを検討していたころ、松下から、ワールドワイドのW1が特機ルートから発売され、これを元に、方式変換の業務を始めることにしました。



ダビング料金

5:93年、京都のプロダクション宛の案内広告(PDF)

業務用デュプリケーター導入後の、地元京都のプロダクション宛の、ビデオダビングの料金案内DMです。



プリント

6:95年の電話帳の広告(PDF)

通常の50音順の中の広告でなく、別枠の広告を試みました。
現在も一貫して掲載していますが、結構新規客を獲得する有効な手段であると、今も思っています。



94年ビデオサロン広告

7:94年の「ビデオサロン」の広告(PDF)

「ビデオサロン」94年10月号の広告。
このころから、同誌に広告の掲載を始め、反響があり、継続して出稿。
最近は、「ビデオα」に、連続掲載中。「サロン」へは、随時掲載。


01年のビデオサロンの広告

8:01年の「ビデオサロン」の広告(PDF)

この広告は6年前で、比較的新しい資料ですが、<DVD-R>が始めて出てきています。
メディア(DVD-R)が、1枚1300円と、現在のブルーレイディスク(BD-R)の金額とまったく同じであるところが興味深いところです。


(07_12_18 永田)
お客様の声
人のイラスト

イベントが急に決まり、短納期でDVD500枚を作らなければならず、どこに問い合わせしても納期が間に合わず困っていたところ、こちらの超特急サービスを見つけました!
おかげで、納品に間に合わすことができ、大変助かりました。
東京都/芸能事務所

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

製品の付属品として、製品使用説明DVDを作るにあたり経験が無く、大変困っていたところ、こちらのHPを見つけました!
お問い合わせから相談したところ、とても親身に話を聞いていただき、満足のいく結果を得られました。
オーサリングからお願いしたのですが、オーサリングという言葉自体はじめて知りました。
専門用語も丁寧に説明してもらい、安心して頼むことができました。 また機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。
東京都/スポーツ用品会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

海外プレスを依頼したところ、ほんとうに満足のいくCDを作ってくれました。
ジャケットは現物支給して、完成品の状態で納品してもらいました。
納期も希望どおりで、クライアントにも喜んでいただけました。
広島県/イベント会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

専門用語も分からず、困っていましたが、思い切って電話相談してよかったです。
自信作を作ることができました。ありがとうございます。
愛知県/大学

ご利用頂いたサービス
何か分からないことがありましたら、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
お電話・メールでのお問い合わせはこちら 日本ビデオサービス 075-821-1802 日本ビデオサービスディスクズ 03-5960-0052
お問い合わせ

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ