トップページ > オフィシャルブログ > 野球映画はお好きですか?
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
野球映画はお好きですか?
  2015年02月5日

昨年末から今年にかけて、野球映画がたくさん公開されています。様々なスポーツを描いた映画があまたありますが、中でも野球とボクシングの映画は、はずれが少ないと個人的には感じます(後者では、最近公開された「百円の恋」で、主演の安藤サクラさんの女優魂に痺れました)。

 

現在公開中のもので特におススメなのが、「KANO 1931 海の向こうの甲子園」。台湾映画ですが、日本占領下の1930年前後が舞台ということもあり、ほぼ全編日本語です。台湾に実在した、嘉義農林高校(通称・嘉農)の、今まで一勝もしたことがなかった野球部が、永瀬正敏さん演じる日本人監督のもと、台湾先住民、漢民族、日本人のそれぞれの特性を活かしてわずか一年で甲子園に台湾代表(この頃は植民地からも代表校が出場していたそうです)として出場、その甲子園でのゲームがクライマックスになっています。

 

台湾映画では日本にまつわる事物が登場する作品が多いこともあり、違和感なく映画の世界に入っていけます(永瀬さんの娘役がちょっとカタコトなのは微笑ましいですが)。占領下という時代背景はありますがあまりその陰の部分は強調されておらず(この映画の脚本・製作の人が監督した「セデック・バレ」は1930年の台湾先住民の日本政府への反乱を描いており、正に同時代の陰の部分を描いています)、正統派の野球映画として、最後まで楽しめました。ラストの甲子園最後の試合は、逆境の中、民族を超えた熱いチームワークにウルウルしました。

 

座席の後で見ていたおっちゃんたちが終映後に、「中井貴一出てへんかったなあ、何でやあ?」と言うてましたが、それは別の映画(「アゲイン 28年目の甲子園」)です・・・。

 

Y.R

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ