トップページ > オフィシャルブログ > VIDEO_TSフォルダからDVDマスタを作る際の注意点
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
VIDEO_TSフォルダからDVDマスタを作る際の注意点
  2014年06月6日

 一般に、DVD Videoのマスタを作る際には、オーサリングソフトや、ライティングソフトのDVD Video作成機能、もしくはDVDレコーダーで作成といったパターンが考えられます。いずれも、まず間違いなく、ファイナライズが行われ、パソコンでもデッキでも、再生可能なマスタを作ることができます。

 しかし、フラッシュメディアでのデータの受け渡しなどで、VIDEO_TSフォルダだけを受け取り、そこからDVD Videoのマスタを作成する場合、ファイナライズが適切に行われないシチュエーションが考えられます。たとえば以前、ブログのデータCD・DVDのプレス・コピーをお考えの方への記事で触れましたが、windowsのエクスプローラから直接データをDVDに書き込んだ場合、ファイナライズがされません。また、ライティングソフトからデータDVDとして書き込む際に、環境設定でディスクアットワンスが選択されないままの場合も、同様です。

 適切なファイナライズができていないと、プレスのマスタとしてはNGです。また、コピーでも、正常な動作をしない可能性があります。ライティングソフトによってはDVD Video作成機能が有償オプションの場合もあり、やむをえずデータDVDとしてマスタ作成されるときは、くれぐれもファイナライズをお忘れなく!!

 

Y.R

 

 

⇒DVDプレスなら日本ビデオサービス・ディスクズ

 

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ