トップページ > オフィシャルブログ > 梅雨時にカビの話も野暮ですが・・・
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
梅雨時にカビの話も野暮ですが・・・
  2014年06月26日

 今年の京都は空梅雨で、薄雲がかかっても雨はあまり降りませんが、やはり何となくじっとりとしていて、あまり気持ちの良い時期ではないですね・・・。こんな季節柄、食べ物も傷みが早く、油断しているとカビがびっしり!ということも、ままありますよね(不精な私だけかしら・・・)。

 食べ物に生えるカビは、青かったり、白かったり、時にはショッキングな赤色などをしていますが、保存状態の良くないVHSテープや8ミリテープに生えているカビは、たいてい白色です。これはカワキコウジカビという名前らしく、普通のカビに比べて湿度が低い環境でも繁殖する種類だそうです。これらの磁気テープは、樹脂テープに磁性粉が接着剤のようなものでくっついているので、この接着成分が栄養分になるようです。

 ところで、miniDVテープにカビが生えているのを見たことは、私の記憶ではほとんどなく、不思議に思っていたのですが、miniDVのテープは「真空蒸着」といって、真空状態で気化した磁性体をテープに密着させる方法でできているため、カビの繁殖に必要な養分が無いからなのかも知れません。

 カビに侵食されたテープは、映像情報の入った磁性粉も剥がれてしまうため、ノイズやトラッキングのずれ(コマが安定せず乱れる)が生じます。またカビの生えたテープをそのままデッキで再生すると故障の原因にもなります。ですが、完全に映像が失われる場合は少ないので、あきらめる前に、一度当社にご相談ください。可能な限りカビを除いてDVDへダビングすることで、大切な記録を残す一助ができればと思っております。

 

Y.R

 

DVDダビング

http://www.videon.co.jp/about_dvd/dubbing/

 

 

⇒DVDプレスなら日本ビデオサービス・ディスクズ

 

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ