トップページ > オフィシャルブログ > DVDマスターの形式
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
DVDマスターの形式
  2014年05月26日

お客様が持ち込まれたマスターが
DVDプレイヤーで再生できない場合があります。

原因は様々ありますが、その一つに形式の相違があります。

プレイヤーで再生する場合はDVD-VIDEO形式になっている必要があります。
再生可能なDVDの中身を開くと「VIDEO_TS」というフォルダがあり、
VOB、IFO等といったファイルが格納されています。
この形式であれば基本的に問題ありません。

MPEGやWMV、MOVといった動画ファイルが単品で書き込まれたDVDは
プレイヤーでは再生できません。

PCでは再生できたので、プレイヤーでも再生できると思いこまれる
ケースもあります。
動画ファイルが書き込まれたDVDをPCで再生するのは
ただ、プレイヤーソフトで動画ファイルを再生しているだけなのです。

これは、PC、スマートフォン等に保存された動画ファイルを
再生している状況となんら変わりありません。

また、中にはこの動画ファイル単品を再生できるDVDプレイヤーもあります。
この場合もプレイヤーでも再生できると思いこまれる原因となってしまいます。

ほとんどのライティングソフトでは、読み込んだ動画ファイルを
DVD-VIDEO形式に変換・書込みが可能です。

弊社でもマスター作成を行っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

K.S

 

 

⇒DVDプレスなら日本ビデオサービス・ディスクズ

 

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ