トップページ > オフィシャルブログ > DVDプレスとコピーの違い(記録面)
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
DVDプレスとコピーの違い(記録面)
  2014年08月29日

DVDプレスとコピーの違いのお値段や、印刷面については、以前に記載いたしました。

 

今回は、記録面についてご説明いたします。

コピーは、DVD-RからDVD-Rです。ブランクディスク(空ディスク)にデータを焼いて記録します。

プレスは、スタンパー(版元のようなもの)を制作し、それを元に大量生産を行う製造方法です。

目で見てもわからないですが、記録面の層の厚さがプレスのほうが厚いのです。

 

厚いとどういったメリットあるかというと、プレーヤーの再生のしくみについてご説明する必要がございます。プレーヤーは、レーザーを反射させて記録(データ)を読み取ります。このレーザー部分が長期間繰り返し使用するなどして、狂ってくるとディスクを読み取れなくなり、再生ができません。

 

しかし、少々狂ってきても、記録面が厚ければ、反射が良く、安定して記録面を読み取ることができます。

 

 

ご不明点は、お気軽にお問合せください。

 

U.T

 

 

⇒DVDプレスなら日本ビデオサービス・ディスクズ

 

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ