トップページ > オフィシャルブログ > カラオケは20年以上前は、レーザーディスクだった
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
カラオケは20年以上前は、レーザーディスクだった
  2014年08月25日

そもそもレーザーディスクをご存知でしょうか。

レコードと同じくらいの大きさです。直径30cmです。

カラオケは、今は通信カラオケが当たり前ですが、

20年以上前は、レーザーディスクでした。カラオケボックスでは、曲の番号を打つと、

機械の中でディスクが自動で交換されて、カラオケ映像が流れたのです。

スナックなどの小さな店は、この自動交換機は高くて買えないので、人が交換していました。

棚から探しだして、プレーヤーにセットするのは結構面倒でした。

いまのDVDよりずっと高価なものだったのですが、余裕のある人は、家庭にレーザーディスク再生機を持っている人もいて、映画や、PVを自宅で鑑賞することができました。

15年くらい前に芸人のウッチャンが、ミル姉さんネタ(笑う犬)で、

「せっかくお気に入りの映画のレーザーディスクを揃えたのに、もう次のメディア(DVD)が出ちゃって。どうしてくれるのよう。」

と言っていたので笑いました。時代ですね。

 

レーザーディスクでお困りの人は、是非当社にご相談ください。

 

T.U

 

 

⇒民生テープからDVDダビングはこちら

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ