トップページ > オフィシャルブログ > 「規格」の強み・弱み
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
「規格」の強み・弱み
  2016年09月15日

VHSデッキの国内生産終了、業界的な話題だけでなく、テレビで広く取り上げられたりして、本当に生活に密着したメディアだったんだなあ、と思います。80年代に普及して30年以上経つんですねえ・・・。

 

VHSとベータとの規格競争は有名なお話ですが、やはり広く規格が普及すると商品開発も長く続きますし、いろいろとノウハウが蓄積されます。

 

数年前、8cmDVDに記録するDVDビデオカメラが国内電器メーカーでも生産されていた時期がありましたが、VHSに比べると短命でした。ファイナライズをしないままカメラが壊れてしまうと、映像を取り出すことはかなり難しくなります(撮影した機器以外で無理にファイナライズするとデータが壊れる恐れもあります)。ファイナライズという、機械が苦手な人にはわかりにくい障壁があることで、規格自体に問題があったといえるかもしれません。

 

当社では上記の8cmDVDやマイクロMVなど、VHSほどには普及しなかったメディアで他社がダビングサービスを行っていないものでも、積極的に機材を導入してDVD化させていただいております。

Y.R

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ