トップページ > オフィシャルブログ > さよなら、ブラウン管テレビ
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
さよなら、ブラウン管テレビ
  2016年03月4日

先日京都市近郊の(お茶で有名な)某都市のマンションを退居して、当社のある京都市右京区のマンションに引っ越しました。当社へは徒歩15分程度で、通勤はかなり楽です(何せ以前は電車を乗り継ぎ乗り継ぎ4~50分・・・)。

 

本が多いせいで荷物が予想外に大きくなり、長年使っていたブラウン管テレビを処分することにしました。2005、6年くらい製造の東芝の地デジ対応のもので、おそらくブラウン管テレビとしては最晩期の型だと思います。2009年ごろ、以前使っていた同シリーズのテレビが故障したため中古で買いなおしたのですが、画質はハイビジョン映像はもちろんですが、DVDなどのSD画像でも良好で、「いくら液晶のほうが軽いとはいえ、買い換える理由がないなあ~」ということで手放せずにいました。HDMI非対応なのが難ですが(日本国内で流通したブラウン管テレビは全てHDMI非対応)、コンバータを購入するなどして、近年のアナログ出力非搭載のBDレコーダーにも対処してきました。

 

ところがここ数ヶ月、主電源を切ると次に電源を入れたときになかなか起動せず、この傾向は以前使っていたテレビの故障状況に近いもののため、覚悟を決めておりましたが、いざ長年の相方がいなくなると、寂しいものです。

 

というわけで、現在、新しい相方を探す日々であります。

 

Y・R

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ