トップページ > オフィシャルブログ > DVDの音声データについて
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
オフィシャルブログ
DVDの音声データについて
  2015年07月28日

今日プレス工場より連絡があり音声データについて不備があると指摘されました。
このマスタは当社でオーサリングしたものではなくお客様がオーサリングされたビデオモードのDVD-Rでした。

以下はプレス工場からの報告です。
***************************************************************
○○マスターは「Audio Coding Mode incompatible with TV system」エラーが発生しております。
 
発生原因は、音声設定がMPEG-1 or MPEG-2になっています。
 
DVDマスターの音声設定は、TV systemのNTSCに合せて、Audio coding modeが必ずDolbyAC-3に しなければなりません。
 
TV systemがNTSCの場合、音声設定がMPEG-1orMPEG-2ですと、一部のプレヤーで再生すると、音なしになる可能性が高いです。
 
特にBDプレヤーは接続がHDMI端子です。音なしか音切れが発生しやすいです。
 
接続がAV端子の場合は、問題がなさそうです。
 
このまま制作するでしょうか?
 
御確認頂いてお返事をお願いいたします。
 
よろしくお願いいたします。
***************************************************************

との事で、今回はお客様の方で再オーサリングされて入稿いただけることになりました。

DVDの音声はNTSCの場合 ドルビーAC-3が基本です。お気をつけ下さい。


S.Y

 

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ