!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
包装について
○ シュリンク包装

シュリンクとは、収縮のことで、収縮包装。
材質として塩化ビニール(塩ビ=PVC)、PP(ポリプロピレン)などを使用しますが、当社では、環境にやさしいポリオレフィン系フィルムを使用しています。


シュリンク包装 シュリンク包装機 クリックすると動画が出ます。


○ キャラメル包装

戦後(第二次大戦)しばらくして、お菓子のキャラメルの包装に用いられたので、この言い方をしますが、現在では、むしろ、タバコの包装といったほうがわかりやすいでしょう。
開封するための紐(ティアテープ)の付いた透明のセロファン紙を用いて、二つ折りにした後、3辺を折りたたんで接着させて包みます。

ケースと包装の使い分け <トールケース+シュリンク包装><Pケース+キャラメル包装>
ケースと包装は、互いに密接な関係があるようです。
この問題は、ほとんど慣例としか言いようのない歴史があるようです。
音楽CDは、今でもジュエルケースにキャラメル包装が圧倒的ですが、映画のDVDは、ほとんどがトールケースにシュリンク包装です。
CDについては、レコードの昔から、円盤に近い包装の形をしてきたことと、歌詞カードを付ける必要から、規格として、今のようなスタイルができたと思われます。
これに対して、映画は、一時期LD(レーザーディスク)がありましたが、実際に普及したのはVHSで、DVDの入れ物として、これに近い形として、トールケースが発案されたと思われます。
それに、アメリカ風の、量産できて、きっちりと包装できるシュリンク包装が組み合わされたのではないでしょうか。

キャラメル包装は、あとで収縮されませんので、幾分のたるみが発生します。
この余裕がいいという人もいれば、少ししまりがないという人もあろうかと思われます。
また、開封の仕方でいえば、キャラメル包装は紐が付いているので簡単に開けられる、ともいえますし、しかし、一度失敗するとかえって開けにくくなる場合もあるし、シュリンク包装に慣れれば、ちょっとした要領で簡単に開けられる、ということもあります。
それぞれの歴史に別にこだわらなければ、使う人の好みで、ジュエルケースにシュリンク包装、トールケースにキャラメル包装、という組み合わせも、なんら不自然ではありません。

お客様の声
人のイラスト

イベントが急に決まり、短納期でDVD500枚を作らなければならず、どこに問い合わせしても納期が間に合わず困っていたところ、こちらの超特急サービスを見つけました!
おかげで、納品に間に合わすことができ、大変助かりました。
東京都/芸能事務所

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

製品の付属品として、製品使用説明DVDを作るにあたり経験が無く、大変困っていたところ、こちらのHPを見つけました!
お問い合わせから相談したところ、とても親身に話を聞いていただき、満足のいく結果を得られました。
オーサリングからお願いしたのですが、オーサリングという言葉自体はじめて知りました。
専門用語も丁寧に説明してもらい、安心して頼むことができました。 また機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。
東京都/スポーツ用品会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

海外プレスを依頼したところ、ほんとうに満足のいくCDを作ってくれました。
ジャケットは現物支給して、完成品の状態で納品してもらいました。
納期も希望どおりで、クライアントにも喜んでいただけました。
広島県/イベント会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

専門用語も分からず、困っていましたが、思い切って電話相談してよかったです。
自信作を作ることができました。ありがとうございます。
愛知県/大学

ご利用頂いたサービス
何か分からないことがありましたら、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
お電話・メールでのお問い合わせはこちら 日本ビデオサービス 075-821-1802 日本ビデオサービスディスクズ 03-5960-0052
お問い合わせ

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ