トップページ > DVD > ファイル変換・メディア変換
!当社は、【 8 % 税込 】表示です。
ファイル変換・メディア変換

ファイル変換とメディア変換 当社の仕事は、量的には「複製」が、ほとんどと言っていいのですが、その前段階に、「ファイル変換」、「メディア変換」の工程があります。

  • VHSの10本、100本、1000本とか言う大量ダビングで、その元になるマスタは、DVテープ、DVカムテープ、ベーカムテープ、DVDなど、録画するVHSと同じであることはほとんどありません。
  • DVDのオーサリングも、元のマスタは、テープであることがほとんどです。現状では、撮影されるのは、テープで、編集もテープ、あるいは、パソコン、完成した映像の記録は、テープ、という場合がほとんどです。これらもいわば、メディア変換といえます。
    しかし、これらは、一連の作業の流れの中での1工程として、それらの全体の仕事の中で扱います。

    変換が、単独の仕事と思える、思われそうな事例について紹介します。「メディア」は、媒体で、VHS、DV、DVカム、ベーカム、などの、映像・音声の記録されている物・形、と言っていいでしょう。



○ 料金の計算と、参照ページ
 
1 <テープからテープ>のダビング、メディア変換は、以下の合計が料金となります。

VHSの通常のダビング料金

マスタテープ(メディア)の種類による割増料金

記録テープ(メディア)料金

(ケース・ラベル類)



2 <テープから、DVD>にダビングする場合は、まず、マスタテープの種類により、割増料金がかかるかどうかをご確認ください。


この割り増し早見表の料金(割増しのない場合は0)にDVDのコピー料金表の料金をプラスして計算してください。


3 <ファイル(データ)からファイル(データ)>など
こうした場合は、以下の[ファイル変換事例]を参照していただいて、およその目安を見当つけてください。
しかし、ファイル変換は、さまざまな組み合わせがありますし、新しいフォーマットも次々に出現していますので、実際には、直接お尋ねいただくのが確実です。


4 <廃盤フォーマット(現在入手できないプレイヤーのメディア)>が複数あって、各1枚ずつDVDにコピーする場合は、廃盤フォーマット(ベータ・EDベータ・Hi8・LD等)⇒DVDをご覧ください。



一般には、電波や新聞などもメディアの1種です。 最近は、WEBでの映像の配信もごく普通に行われています。WEB用の動画は、ファイル変換と同時に、メディア変換とも言えます。
「ファイル」は、パソコンのメディア、メモリや、HDD(ハードディスクドライブ)や、CDやDVDに何らかのフォーマットで記録された電気的な信号です。広い意味で、テープの記録もファイルと言えます。


ファイル変換事例

ファイル変換は、とてもその種類、組み合わせが多いので、一般的な料金表を作成することが、困難です。

そこで、ここでは、質問と答え(Q&A)という形で、いくつかの例を示して、類似の仕事の場合の参考にしていただこうとしています。いくつかの事例は、他の仕事の中に含まれる、あるいは、他の仕事の一部分、という場合もありますが、ひとつの手がかりとして、ここであげているものもあります。


    事例1:CD → CD
  • 複数のCDから曲を選曲して1枚のCDにしたいがやり方がわからない。

    元マスタになる音楽CD3枚から、2曲ずつ選曲してパソコンに取り込み、そのファイルを専用のソフトに曲順を指定して登録し、1枚の音楽CDを作成します。

  • 料金例:
    元のCDが3枚で、合計収録時間が30分で、曲数が6曲の場合:マスタリング、30分以内、10,800円、トラック分け、324円×6=1,944円、合計12,744円

    事例2:カセットテープ → CD
  • 何本かのカセットテープから、音楽CD用のマスタCDを作ってもらえますか?
    ついでに、曲名や、時間なども付けてもらえますか?

    曲の指定と、時間数を指定してもらえればできます。テープに曲名の表示や、順番など、間違いがないように記入してください。

  • 料金例: 元のカセットテープが3本で、全曲の合計が60分以内で、全部で13曲収録の場合:音声取り込み60分以内、16,200円、トラック分け、10個=324円×10=3,240円、合計19,440円

    事例3:2層DVD → 2層DVDコピー
  • 2層のDVDを作成したが、大容量の2層ディスクを30枚もパソコンで複製しなければならない。1層と同じように、専用の機械で早く安くコピーできますか?

    最近の市販のDVD作成ソフトでは2層のディスクも作ることができます。2層のディスクは8.5GBもあるため1層のディスク(4.7B)の約2倍の大容量のディスクになります。このディスクを一台のパソコンで一枚一枚コピーしていたら、膨大な時間を費やしてしまいます。弊社では1度に7枚の2層ディスクをコピーできる機材(デュプリケータ)を所有しているため、大容量のディスクの複製も短納期で収めることが可能です。

  • 料金例: 30枚以上の場合で、片面2層コピー1枚単価=1,037円(コピー料金=227円+ディスク料金=810円)×30枚=31,110円

    事例4:PALミニDV → PALミニDVコピー
  • 海外へ送るために作成したテープminiDV(PAL)をダビングしたいが、デッキを所有していないからできない。
    ミニDVのPALからミニDVのPALへダビング・コピーできますか?

    miniDV(PAL)の再生機からminiDV(PAL)の録画機へダビングを行います。

  • 料金例: 60分の場合:通常ダビング料金=1,728円+マスタPALミニDVテープ割増=1,080円+録画PALミニDVテープ割増、1,080円=3,888円

    事例5:VHS → WMVファイル
  • むかしの会議を記録したVHS(20分)。
    資料として扱いやすいwmvへの変換をしたいがVHSのデッキからどのように変換すればよいかわからない。

    VHSをwmv(Windows Media Videoファイル)にする場合アナログの信号からデジタルの信号に変換してパソコンにデータを取り込みます。取り込んだデータ(DV-AVIファイル=通常のミニDVなどのテープの映像形式)を専用の変換ソフトを使用してwmvにします。
    これは、他の仕事との類似性から料金設定します。いったんパソコンに取り込むのに実時間がかかります。これをファイル変換するのにパソコンでソフトエンコードします。これも実時間かかります。合計実時間の2倍くらいかかります。

  • 料金例:30分以内の場合:10,800円

    事例6:海外のDVD → 日本のDVD
  • 海外の知り合いからDVDをもらったがDVDプレイヤーでみる事ができない。

    DVDにはNTSCとPALの2種類の映像方式があります。また、DVDには、リージョンコードという国・地域の識別信号が記録されていて、指定された地域・国以外では視聴できないように設定されています。☆日本はNTSC方式で、リージョンコードは2です。☆中国は、PALで、リージョンコードは5。☆台湾は日本と同じNTSC方式ですが、リージョンコードは3です。 日本で見られるようにするには、いくつかの方法がありますが、いちばん簡単なのは、PALのプレーヤー、リージョンフリーのプレーヤーで再生し、これをレコーダーで録画することです。しかし、このやり方では、元のDVDのメニューはなくなります。また、アナログのコピーガードが付加されている場合は、できません。但し、販売品は著作権の問題で当社ではご注文を受けられません。ご了承お願い致します。

  • 料金例:120分の場合:通常のダビング料金(アナログ)=2,052円+PAL変換割増、2,160円=合計4,212円

    事例7:フラッシュファイル → DVD・VHS
  • flashで作成したファイルを資料としてDVDやVHSにしなければならなくなった。

    flash(フラッシュ)は通常パソコンのflash専用のプレイヤーのみで再生可能です。これをDVDやVHSにするには高度な変換ソフトが必要になりますが、パソコンの画面をそのまま出力する事により簡易的に直接デッキへのダビングを可能にします。高度な変換作業が必要にならないため値段を安くする事もできます。
    類似の仕事との相似性:方式変換で、マスタがベーカムなど、業務用テープの場合で、割増料金が、5,400円。これに通常のダビング料金を加えます。

  • 料金例:30分の場合:変換割増、5,400円+通常ダビング料金、1,728円=合計7,128円。

    事例8:16:9の撮影テープ → 16:9のDVD
  • 16:9でとられた素材をそのままの比率でDVDにしたい。

    16:9で録画されたものはDVD作成する際に16:9素材として扱わなければなりません。適切に扱わなければ、せっかく撮った素材が縦伸びした4:3の映像になってしまう事もあります。そんなややこしい作業でも弊社では業務用ソフトScenaristで適切にDVDを作成できます
    リンクメニュー作成が、通常1枚3,240円のところが、1枚6,480円となり、1枚当り、3,240円の割増となります。オーサリング料金は通常料金が必要です。


  • 事例9:完成DVDから → ガード信号・リージョンコード付加、オーサリングのやり直し
  • 完成したDVDをプレスに出そうとしたところ、DLTか、プラントダイレクトでないとコピーガードが入れられない事が判明。
    元のテープも、もう持っていないし、もっているDVDからDLTか、プラントダイレクトにできないだろうか

    プレスに出す際コピーガードやリージョン(地域指定)をする場合、通常DLT(デジタルリニアテープ)か、プラントダイレクト(Plant Direct)で工場に出します。元のDVDの映像と音声のファイルを、品質劣化無しに、そのままの形で取り込んで、各種分離と結合の操作をして、通常のオーサリングができる状態に復元します。ここからは、通常のオーサリングと同じ作業となります。
    DLTか、プラントダイレクトまでの場合は、オーサリングは通常料金ですが、プレスまでご注文をいただくお客様は、お得な「DVD-RマスタにCSSコピーガード挿入」27,000円適用です。

お客様の声
人のイラスト

イベントが急に決まり、短納期でDVD500枚を作らなければならず、どこに問い合わせしても納期が間に合わず困っていたところ、こちらの超特急サービスを見つけました!
おかげで、納品に間に合わすことができ、大変助かりました。
東京都/芸能事務所

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

製品の付属品として、製品使用説明DVDを作るにあたり経験が無く、大変困っていたところ、こちらのHPを見つけました!
お問い合わせから相談したところ、とても親身に話を聞いていただき、満足のいく結果を得られました。
オーサリングからお願いしたのですが、オーサリングという言葉自体はじめて知りました。
専門用語も丁寧に説明してもらい、安心して頼むことができました。 また機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。
東京都/スポーツ用品会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

海外プレスを依頼したところ、ほんとうに満足のいくCDを作ってくれました。
ジャケットは現物支給して、完成品の状態で納品してもらいました。
納期も希望どおりで、クライアントにも喜んでいただけました。
広島県/イベント会社

ご利用頂いたサービス
人のイラスト

専門用語も分からず、困っていましたが、思い切って電話相談してよかったです。
自信作を作ることができました。ありがとうございます。
愛知県/大学

ご利用頂いたサービス
何か分からないことがありましたら、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。
お電話・メールでのお問い合わせはこちら 日本ビデオサービス 075-821-1802 日本ビデオサービスディスクズ 03-5960-0052
お問い合わせ

HOMEブルーレイフラッシュメディアDVDCDVHS商品販売サイトマップ会社概要

ブルーレイ/フラッシュメディア/DVD/CDのオーサリング・プレス・コピーは日本ビデオサービス・ディスクズへ